旅の途中で・・・高倉健さん

今この本が手元に有り読んでいる
不思議なご縁でこの本を ある方から11年前に頂いたのだ
その方が高倉健さんから直接お礼にと贈られたものを
それにまつわるお話をお聞きしながら頂戴した
その時のお話をお聞きして以来 高倉健は私にとって忘れられない人となった
いくら考えても私には夢の中の出来事であった
身に余る贅沢な時間だった

文中に比叡山飯室谷不動堂  大阿闍梨   酒井雄哉師が
「あのお人はお侍さんや思う。すべてに命懸けで、いつも刃の上を歩いているような、
そんな お人やと思う」と書かれていらっしゃる



 「幸せの黄色いハンカチ」の数シーンの撮影場所となった十勝の小さな町に十数年暮らしたことを思い出す 
友人知人 町民有志は大人も中学生もエキストラに出たりしていた







c0082715_993627.jpg



















c0082715_9103694.jpg

by skimama | 2014-11-19 09:10 | 2014年11月


それぞれの記憶のカタチ   終りは始まり       


by skimama

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

いつもの散歩 資料館
at 2019-03-01 02:43
襲の色目
at 2019-02-14 11:06
道草が好き
at 2019-02-11 12:43
人はいつだって独り
at 2019-02-09 10:24