カテゴリ:平成29年 修業中( 48 )

九月の雨の隙間は・・・



永瀬清子 を読む
懐かしい想いに溢れる時間
尾崎喜八や串田孫一 高田博厚
いきなり懐かしい名前が沸き上がってくる

視力の減退が読書の愉しみを奪って行く
だから自分の朗読を録音する事に
なかなかリズムが出ないから聴きづらい事この上無し
諦めない 諦めない 諦めない 何度でもトライだ

雨降りの日 小やみなった隙間にご近所散歩
ミズヒキが ススキが 雨に打たれた薔薇が

この季節 終わりと始まりの狭間 いいね








c0082715_22260060.jpg






c0082715_22261833.jpg







c0082715_22263621.jpg



















by skimama | 2017-09-14 22:40 | 平成29年 修業中 | Comments(1)

キツリフネ



葉月も今日で終い
今月もどっと押し寄せた想定外の出来事

身の回りの悲しいお別れも多くなった
字面では納得できても 心の裡はそうはいかない事が多い

落ち着かない日々について行けない身体の不調
何とも情けない限り

それもこれもあれもみんなひっくるめて 時は過ぎる

涼しい秋風がたつ日
神宮へお参りに
あまたのことがら浮かんでは消える

いま 神宮のお庭はキツリフネが咲いている
この花に囲まれて暮らした田舎での日々が甦る
キツリフネは我が家の合い言葉なの・・・




c0082715_19463683.jpg







c0082715_19462533.jpg






c0082715_19461331.jpg


c0082715_19501963.jpg








by skimama | 2017-08-31 20:03 | 平成29年 修業中 | Comments(2)

名残の薔薇園 その2



昨日の続き 
思い途切れることなく 今時分の出来る事を・・・

近所にこの薔薇園があるのはどんなに有り難い事か
ゆっくり歩いても10分そこそこ
嬉しいにつけ 悲しいにつけ 花たちを見ていると
余計な事は消えて行く
不思議な作用だ







c0082715_20101399.jpg







c0082715_20103994.jpg










c0082715_20100198.jpg













by skimama | 2017-08-21 20:22 | 平成29年 修業中 | Comments(0)

名残の薔薇園 



 今朝の散歩
 大通薔薇園へ

 朝の光りは既に弱々しく 花たちに降り注いでいる
 次から次へと花を咲かせた薔薇達は 
 いまもう名残を迎えている
 
 ひときわ落ち着いた花色は 幽かに夏の思い出を語る
 つる薔薇は天へ向かい頭を垂れ
 すーっと立ち姿の美しい薔薇達は 一心に光りを受けている

 花たちの中で交わされる 終わりと始まりのセレモニー
 木槿の花盛りが醸し出す 静かな時の流れにしばし身を委ねてしまう








c0082715_12152740.jpg







c0082715_12160272.jpg







c0082715_12162591.jpg











by skimama | 2017-08-20 12:46 | 平成29年 修業中 | Comments(2)

夏の終 



頓挫をきたし禁足を課す

今朝あまりに気持ちよい朝で

下の郵便受けまでま降りてみた

小さな花壇に 数本の小さなコスモスが揺れていた

季節の終と始まりだ







c0082715_04045704.jpg








c0082715_18584016.jpg













by skimama | 2017-08-14 19:07 | 平成29年 修業中 | Comments(2)

大賀ハス そして燕尾仙翁(エンビセンノウ)も咲いている


追記:画像ファイル間違いにつき大きなままをアップしました。お詫びし修正いたしました。



弥生時代の蓮の種から いま世界のあちこちで
大賀ハスが咲いている
発掘された たった 三粒 
それが多くの繋がりで あちこちで花を咲かせている
優しく
ふうわりと 咲いている


c0082715_14103631.jpg








燕尾仙翁はずいぶん以前 小さな公園でほんの数本咲いたのを観た
湿地を好んで咲くそうです

この細いツバメの尾のように見える花弁は
何よりこの激しく燃えるような また沈むような深い花色に惹き込まれる



c0082715_23092356.jpg










c0082715_23093703.jpg

















by skimama | 2017-07-30 14:36 | 平成29年 修業中 | Comments(2)

六月の石狩砂丘 番外編2



昔から浜のあるところに必ずある神社
石狩も風情たっぷりの八幡神社
境内の狛犬
阿吽の表情に惹かれる




c0082715_13520995.jpg





c0082715_13522624.jpg





c0082715_13525648.jpg




c0082715_13524393.jpg








































by skimama | 2017-07-25 11:07 | 平成29年 修業中 | Comments(2)

6月の石狩砂丘 番外編その1


石狩へ撮りに行くようになってもうずいぶん経つ
未だ色がピカピカの時から撮り続けている廃車
近年退色が急激に進んだ
数年前 森山大道の個展をみたとき
同じ車を撮っていた作品が 壁一面に広がっていて驚いた 
なんとカラー作品だったのだ
私の中では見つけた時からモノクロのイメージだっただけに
それも 森山大道のカラー 新鮮で眩しかった





c0082715_07412478.jpg













by skimama | 2017-07-23 07:43 | 平成29年 修業中 | Comments(0)

ご近所散歩 



半径1キロに満たない散歩も
時には宝物を発見する
ここの窓は
大好きで必ず通る度に撮っている
もう何年になるだろうか
みる度に 新鮮さは増す
住人の与り知らぬところで
勝手に楽しませていただいている




c0082715_14101784.jpg









c0082715_14104963.jpg
これ・・・ こんなのも見つけた 仕切られた向こうに行きたくなる





c0082715_14110454.jpg
こんな楽しみも有る 割れ瓶に・・・
妄想が駆け巡り 異空間へ姿を変える















by skimama | 2017-07-22 14:22 | 平成29年 修業中 | Comments(0)

私的通信にて



今までの人生でわずか 二度の出会いにも関わらず
なぜもこうも 心が呼ばれるのだろう

自分とは対極で生きている人
似ているようで似ていない
でも底に流れる細い糸で繋がれているように感じる
見えないリンクで 互いに察知できる   フ・シ・ギ

ギンラン  ササバギンラン 今年はたっぷり出逢えた
背の高いササバギンランの蔭にひっそりと咲く ギンランは
とても愛おしくおかわいかった
この日のギンランは 咲き終わりにかかり
名残惜しそうに咲いていた





c0082715_12100033.jpg
偶然はここにも きていた・・・






c0082715_11491813.jpg





















by skimama | 2017-07-22 12:14 | 平成29年 修業中 | Comments(0)


それぞれの記憶のカタチ   終りは始まり       


by skimama

プロフィールを見る

最新の記事

九月の雨の隙間は・・・
at 2017-09-14 22:40
キツリフネ
at 2017-08-31 20:03
名残の薔薇園 その2
at 2017-08-21 20:22
名残の薔薇園 
at 2017-08-20 12:46

お願い

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。